手にキスをされるのが嫌なイケメン王子!全力で回避する動きがまさに早業

Sponsored Links

『敬愛』『忠誠』といった意味を持つ、手の甲へのキス。王族への敬意を示し、臣下が手の甲にキスをする習慣をもつ国もあります。

こちらはモロッコ王国の王子であるムーレイ・ハッサン王子、12歳。この若さで公務を執行するエリートです。容姿も端麗で、立ち振る舞いも大人びた王子ですが、一つ年相応な部分があるとか…?

軍事式典に出席中のハッサン王子。モロッコ王国は立憲君主制のため、王族は多大な威厳を誇っています。そのため、握手をする際敬意をこめて手の甲にキスをするのですが…。

18533_03

シュッ!と凄まじいスピードで手を引っ込めました!
一方キスを回避されてしまった臣下は、口を押さえるような謎のポーズに…。

その後も、続々と並ぶ臣下たちのキスをひたすらかわし続けていきます。なかには意地でも挨拶のキスをしようとする臣下も(笑)

王子とはいえまだ12歳…思春期まっさかりの少年です。重臣との挨拶と分かっていても、男の子としておじさんからのキスは抵抗があるのかもしれません。

ちなみに、こちらは王子が8歳の頃の映像。今ほどではありませんが、この時点ですでにキスを嫌がっていたようです。

まだ避け慣れていないせいかスピードは遅いですが、全身から嫌そうなオーラが出ています(笑)

ハイスペックな王子様からにじみ出る年相応な姿に、思わず顔がにっこりしてしまいますね♪ キス回避が今後どうなっていくのか、非常に気になります!


Sponsored Links  


出典:Youtube.com

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね