【もう一度会いたくて】 癌になったゴールデン、余命を超えてお父さんと奇跡の再会。

Sponsored Links

癌になったワンちゃん。余命を超えて、お父さんとの奇跡の再会
2012年1月、ゴールデンレトリーバーの「カーミー」は11歳の誕生日を迎え、もう立派な老犬です。

dog

そしてその年の3月、カーミーのお父さんは8カ月間の出張が決まり、しばらく家族とは離ればなれに。仕方ないとは言っても、やっぱり寂しいカーミーはお父さんの帰りを今か今かと待っていました。

ですが、お父さんが出張に出て数日後、カーミーの体に癌が見つかります。そして告げられた3か月の余命。

突然カーミーを襲った悲劇は、彼女だけでなく、彼女の家族も大きな悲しみに包まれ、そして何より、もうカーミーは彼女が大好きなお父さんと会うことは出来ないことが分かりました。

だけど、カーミーは決して諦めず、宣告されていた余命を数カ月以上超えて、家族の間でも、もしかしたらもう一度カーミーはお父さんと会うことが出来るかもしれない、という希望が生まれます。

容体はどんどん悪くなる一方でしたが、カーミーはとうとうお父さんが帰ってくる11月まで生き続ける奇跡を起こします。ですがこの月、お父さんの帰国が無期限に延長されるということが決まってしまいました。

ごはんを食べることもままならない状態のカーミーは、それでも尚お父さんの帰りを待ち続けます。もう一度会う為に、彼女も家族も決して諦めませんでした。

そして12月、クリスマスの数日前にカーミーにとっての、家族にとっての最高のプレゼントが届きます。

お父さんが、家に帰ってきたのです。

家族の誰よりも一番に、カーミーはお父さんの元へ駆け出します。まるで病気なのが嘘みたいに、とっても元気な姿。

全身で喜びを表現するカーミー。そしてお父さんも、愛する家族と生きて会えたことが嬉しくてたまりません。

お父さんの帰還は一時的なもので、すぐにまた出張に出かけてしまいましたが、その後、奇跡の再会はカーミーにたくさんの素敵な魔法をかけていました。

それまで、ほとんど飲むことも食べることも出来なかったカーミーでしたが、お父さんと再会できた後は、まるでそれまでが嘘のようにごはんを食べるようになり、彼女は元気を取り戻していきました。

そして3か月の余命を告げられた時から数えて10か月後、カーミーは12歳の誕生日を迎えます。

あり得なかった未来を、彼女は成し遂げたのです。

そして誕生日を迎えた1か月後、2013年2月22日カーミーは安らかな眠りにつきました。ほんとうによく頑張ったカーミー、心よりご冥福をお祈り致します。


Sponsored Links  


参考:Youtube
via http://spotlight-media.jp/article/224053847354039727

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね