育ての親である男性と再会したライオンがとった行動とは?

Sponsored Links

2012年、親に捨てられ、さまよっていた生後間もないメスのライオンを救出し、ボツワナの野生動物公園で親代わりに育ててきたValentin Gruenerさん。街での仕事に区切りがつくと、Sirgaと名付けたライオンに今も会いにきているそうです。

すでに3年の月日で、およそ10倍にまで生長したSirga。大の仲良し Gruenerさんが訪問するたびに、ある熱烈な方法で彼を歓迎しているんだそう。その模様を捉えた動画はスリル満点。必見です!

メスライオンの歓迎ぶりが過激すぎる!

現在、動物公園内にいるライオンはSirgaただ1頭。生まれてすぐ寝食を共にしてきたGruenerさんを、彼女は同じライオンだと思っているのかもしれない。


Sponsored Links  


ネコ科の中では社会性を持つライオンだけに、彼女の唯一の友だちが自分なのだと思えば、毎回のあの異常なほどの“熱烈歓迎ジャンプ”も「理にかなっている」とGruenerさんは「BBC」のインタビューに答えています。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね