「目が合ってにらんできた」 殴られた女の子重傷

Sponsored Links

大阪市天王寺区で2日、女の子ら2人が金属バットで殴られて大けがをした事件で、逮捕された男は「目が合ってにらんできたから」と供述していることが分かりました。

無職の松本将史容疑者(41)は午後5時半ごろ、大阪市のJR天王寺駅で、6歳の女の子と22歳の女性の頭などを金属バットで複数回、殴ってけがをさせた疑いが持たれています。女の子は頭の骨を折るなど重傷です。通行人の男性らが松本容疑者を取り押さえ、警察に引き渡しました。松本容疑者は2人と面識はなく、「目が合ってにらんできたから殴った」などと話しているということです。また、凶器の金属バットについては「バッティングセンターに行こうと思って買ったところだった」と供述しています。


Sponsored Links  


動画:https://www.youtube.com/watch?v=JTNBR7NjjhY

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね