ベッキー「私が髪を切ったのは病気で髪が抜けた人にカツラを作る団体に私の髪を寄付したからだよ^^」

Sponsored Links

タレントのベッキーさんが「不倫騒動」の後、トレードマークだったロングヘアをバッサリとカットした姿を新聞広告で披露した。そのイメチェンぶりは世間を驚かせたが、切った長い髪は「寄付」していたようだ。

病気で髪の毛が抜けた子どもたちのため、寄付を募って医療用ウイッグを作る「ヘアドネーション」という取り組みがある。近年、徐々に知られるようになってきた。

ベッキー「本人の希望」、柴崎コウや水野美紀も
ベッキーさんの長い髪のその後について明かしたのは、カットを担当したという美容師の松浦美穂氏。2016年10月1日、「ご本人のご希望で切った髪の毛はドネーションさせていただきました」とインスタグラムで言及した。

ヘアドネーションを自ら公表した芸能人もいる。柴崎コウさんは15年12月17日、50センチほどあろうかという長い髪の束の写真とともに「髪の毛の寄付をしました #ヘアドネーション」とインスタグラムに投稿
15年3月9日には、水野美紀さんも胸の下まである長い髪を切って寄付したことを、カットを担当したアナミダイリュウ氏が自身のブログで伝えていた。水野さんは寄付する髪には自らハサミを入れたといい、アナミ氏はその模様を写真付きで紹介している。

ヘアドネーションについて、髪の寄付受付からウイッグ製作までを扱うNPO法人「Japan Hair Donation & Charity(JHDAC=ジャーダック)」の渡辺貴一事務局長は、J-CASTヘルスケアの取材に対し
「09年の法人設立以来、寄付の量は右肩上がりで増えています」と明かす。毎日50~100件の髪が郵便で送られてくるという。だが実は、「予算の都合もあって、大々的にPR活動ができているわけではありません」。では、なぜ広がりを見せているのか。
「ひとつは、有名女優の方々が発信しているためだと思います。柴崎コウさんや水野美紀さんが寄付をされた影響はとても大きく、ボランティアにあまり関心がなかった方々の興味も引かれたようです」
確かに、柴咲さんの投稿に対しては「恥ずかしながら知りませんでした。私もいつかヘアドネーションします!」といったユーザーの声が多く寄せられていた。ただ、こうした芸能人の発信の例は多くはない。


Sponsored Links  


–http://www.j-cast.com/healthcare/2016/10/14280738.html?p=all

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね