「小利口になるな、バカになれ。バカは最強!」堀江貴文の人生が最短で上向く7つの箴言

Sponsored Links

■連載/堀江貴文の人生が最短で上向く『7つの箴言』

TVドラマOA中、映画公開目前の超絶人気マンガ『闇金ウシジマくん』を、希代の経営者が読み解くと……。堀江貴文氏の新感覚の著書『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』は発売1週間で大増刷と絶好調。オリジナル考案「“最響”の箴言」の一部を特別公開します!

第6言「小利口になるな、バカになれ。バカは最強!」

■とにかくバットを振る図々しさで高打率

世に多くいるうだつが上がらないサラリーマンは、変なところで“小利口”だ。会社にしがみつくため上司に媚びを売り、面倒くさい社内政治には積極的に取り組み、会社のカネを私生活に巧みに工面していく……。そういう工作を同時に回すぐらいには小利口だ。

そこそこ大きな会社に勤めているサラリーマンは、傾向的にみんな頭が良い。一応は名前の通った大学を卒業するぐらいの地頭でないと、正社員になるのは難しいので、当然と言えば当然かもしれない。しかし、バカであることがアドバンテージとなる場面も多々ある。

私の知る限り、成功している自営業の社長はバカばかりだ。けなしているわけではない。バカだから平気でリスクを取れる。バカだから失敗が怖くない。失敗しても、ダメージを受けない。いい意味で鈍感。だから何度でもチャレンジを仕掛けられる。

バカこそ最強だ。儲かっている経営者はほとんど、才能や知識で成功しているわけではない。単純に三振を恐れず、自ら打席に立ちにいく回数が多い。周りの空気や意見なんか気にせず、とにかくバットを振りにいく図々しさが、高い打率を引き寄せているのだ。

中途半端に小利口なせいで、人生の楽しみが目に入らず、「会社にしか生きる場所がない」などと追い詰められるぐらいなら、バカになって、どんどんいろんなことにチャレンジしてみるべきだろう。


Sponsored Links  


–http://dime.jp/genre/294629/

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね