【衝撃サッカー動画】電光石火の早業! 相手の意表を突いたフリーキックが何度見ても気持ちいい

Sponsored Links

一瞬の油断が命取りになる。それがプロの世界だ。中でも怖いのは思い込みで、相手の動きを自分で勝手に決めつけると、足元をすくわれることも珍しくない。例えばゴールに近い位置でフリーキックを得た場合がそうだろう。

まず考えられるのは、直接狙う方法。おそらく相手は、どのキッカーが蹴るのか、どんなコースを蹴ってくるのか……そこを警戒するに違いない。しかしそこばかり想像していると、待っているのは落とし穴である。

・ブラジルでの出来事
ということでご覧いただきたいのが、動画「Melhores momentos ? Gols de Fortaleza 1×1 Botafogo-PB ? Copa do Nordeste」。2016年2月23日、ブラジルで行われたフォルタレーザ vs ボタフォゴの試合でのワンシーンだ。

・直接狙わずトリックプレーを選択
ゴールからの距離30メートルほどの位置でフリーキックを獲得したフォルタレーザ。もちろん、プロであれば30メートルは射程圏内。それだけにボタフォゴは壁を立たせ、隙のない守備を作った。……だがしかし!

fk

そんな状況を逆手に取ったのが、フォルタレーザの選手であった。壁を作り直す素振りでボールに近づいたと思いきや……なんとその流れでスルーパス! ポカンとする相手選手たちを尻目に、キーパーとの1 vs 1を一瞬にして作り出してしまったのだ。

・完全に作戦勝ち
ハッと気づいたら大ピンチで、失点に至ったボタフォゴ。ズル賢いと言う人もいるかもしれないが、これはフォルタレーザの選手たちの作戦勝ち。入念な準備の賜物と言っていいだろう。

なぜなら試合でできるということは、あらかじめ練習していたということだからだ。得点を奪うための執念、実行に移して成功させる正確さは「これぞプロ」といったところ。やはり勝負事において、一瞬のミスは命取りになる。


Sponsored Links  


<参考>>http://rocketnews24.com/2016/02/25/715140/

Sponsored Links

この記事が気に入ったら『いいね!』してね

お友達にも『シェア!』してね